最新のレーザー脱毛マシンを導入

横浜の医療脱毛では複数の脱毛マシン導入

横浜のクリニックでは複数の脱毛マシンを導入し、医療脱毛を提供しています。医療脱毛で照射しているレーザーには特定の波長を持つと言う性質があります。アレキサンドライトレーザーは波長755nm、ダイオードレーザーは波長800nm810nm、ヤグレーザーは波長1,064nmです。波長の短いレーザーより、長いレーザーの方が肌の奥まで届きます。そのため1種類のレーザーしか照射できない脱毛マシンのみの場合、対応できないむだ毛が生じることがありました。しかし横浜のクリニックでは波長の短いレーザーを照射できる脱毛マシン、波長の長いレーザーを照射できる脱毛マシンを揃えています。そのためあらゆる位置にある毛根に対応することが可能です。
その他にもレーザーの波長によってメラニン色素への反応度が異なります。波長が短いレーザーほどメラニン色素への反応が強く、脱毛効果が高いと言う特徴を持っています。しかし日焼け肌だと肌中にあるメラニン色素にも反応しやすいため、火傷のリスクが高くなることがありました。ダイオードレーザーやヤグレーザーは波長が長い分だけ、メラニン色素への反応が弱いため日焼け肌でも火傷のリスクが低いです。そのため複数の脱毛マシンを導入している横浜のクリニックではあらゆる肌質にも対応できるのです。その代わりに一番波長が長いヤグレーザーは脱毛効果も低くなることがあります。

横浜の医療脱毛なら完了が早い

レーザーを照射する医療脱毛は1回の来院で全て完了する訳ではありません。一人ひとりの毛周期に合わせて何度か来院することが必要です。そのため部位の多くなる全身脱毛コースでは全て完了するまで数年かかることがありました。期間が掛かり過ぎると有効期限が過ぎてしまう恐れがあります。しかし横浜の医療脱毛ならスピーディーに完了します。レーザーを照射すると言う医療脱毛の仕組みは他のクリニックと同じです。なぜ仕組みが同じなのに完了までスピーディーとなるのか、その理由は最新のレーザー脱毛マシンを導入しているからです。
最新のレーザー脱毛マシンの中には毛周期に関わらずに照射できると言うものがあるのです。来院ペースが早くなるため、最短なら6か月から8か月ほどで完了します。最短6か月の場合は冬に全身脱毛を始めれば夏には完了する計算です。長々と期間を掛けていられないと言う方にピッタリです。その代わりに次回来院までの間隔が短くなると言う点には注意して下さい。予約を入れた後にキャンセルすると、キャンセル料が発生することがあります。特に当日キャンセルは発生しやすいために注意が必要です。横浜のクリニックの中にはキャンセル料無料と言う場合があります。急な用事が入っても余計なキャンセル料は発生しません。

CHOICES

信頼できるクリ二ック選び

あなたは知ってる?医療脱毛の豆知識 医療機関で施術を受けることができる医療脱毛。現在医療脱毛を検討している…

» 詳細はコチラ

最新のレーザー脱毛マシンを導入

横浜の医療脱毛では複数の脱毛マシン導入 横浜のクリニックでは複数の脱毛マシンを導入し、医療脱毛を提供してい…

» 詳細はコチラ

脱毛によって美しい肌を目指す

その人の肌に合わせた医療脱毛ができる横浜 昔は肌を露出する機会が増えるサマーシーズンに備えて脱毛をするとい…

» 詳細はコチラ

今が横浜での医療脱毛の始め時

横浜で医療脱毛クリニックを選ぶ際の注意点 横浜で医療脱毛を行っているクリニックは複数あるので、納得した上で…

» 詳細はコチラ

Copyright(C)2017 信頼できるクリニックが盛りだくさん!横浜の医療脱毛 All Rights Reserved.